« 2007年6月6日 | トップページ | 2007年6月15日 »

2007年6月 8日 (金)

黒のこと、そして喪服のこと

黒は、お好きな方が多い色の一つです。
黒は、生地の素材やデザインによって、だいぶ違って見えることをご存知ですか? 同じ黒でも、様々な種類があります。

まず、上手な「黒選び」のポイントは……

深みのある、上品な黒を選ぶこと!

例えば、同じ黒をお召しになっている方と並んだときに、その違いは一目瞭然。隣の方の黒と比較してどう見えるか……。白っぽくなってしまったり、生地がくたびれていたり、隣の方と同じ色だと、余計目立ってしまいますね。

そしてもう一つ、三番町ヒロでは黒選びのポイントを提唱します。
それは……

ちょっとした工夫で、外出着にも喪服にもなる!

三番町ヒロでは、「喪服」はお売りしていません。
黒いツーピース、黒いジャケット、これらのアイテムがちょっとした工夫で、いろいろなTPOに合わせてお使いいただくことができます。

例えば

Hiroblack2   Hiroblack1_1
この写真をご覧ください。
実は同じジャケットです。
衿を広げるか、立てるかでこんなにも雰囲気がかわります。

Hiroblack3    Hrioblack4
胸元にアクセサリーを付けてみたり、
きっちりボタンをとめてみたり。
それだけで、雰囲気がガラリと変わります。

Hiroblack5    Hiroblack6

キラキラしたボタンに、つや消しのカバーをつければ
不祝儀にもお召しになっていただけます。

Hiroblack7  Hiroblack8

写真のように、ほかの色と合わせてお使いいただくと
さらに雰囲気はかわります。

Hiroblack9

もちろん、パンツと合わせてお使いいただくこともできます。


このジャケットは、これだけバリエーション豊富に使いこなせ、重宝するアイテムです。気軽な外出からフォーマルまで。各シチュエーションに合わせたコーディネートで対応できるのです。

喪服は、頻繁にお使いになる服ではありませんね。
年に数回お使いになるときもあれば、そうでない時も。
季節も、寒い日もあれば暑い日もあります。

着る機会が決して多くはない喪服をご用意なさっても、2〜3年でデザインに飽きてしまったり、流行におくれてしまったりと、フルに活用できないまま、タンスの肥やしになることも、少なくありません。

それなら、日々の生活でお使いになられる黒を、ちょっとしたアレンジと工夫で喪服としてお使いになれるなら、わざわざ「喪服」を買う必要がありません。

せっかくなら、楽しく着回せる「黒」をお選びになりませんか?
三番町ヒロが、そのお手伝いをします。

商品に関するお問い合わせ
三番町ヒロ:03-3261-1532 
junko2000@nifty.com


上記参考商品は完売しましたが、
定番商品として、異なる生地で同じデザインのものを
ご用意できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月6日 | トップページ | 2007年6月15日 »