« 7月14日サロン案内【都一中さん】 | トップページ | 三番町ヒロ メンバーズ・サービス »

2007年7月 3日 (火)

'07 6月覚張佳子さんを迎えて

6月26日、モナコ王室主催フラワーコングレスで2位、
ヨーロッパの花職人資格「アドヴァンスドダッチディプロマ」を
お持ちで現在目黒区にてフラワーショップ Studio Dominiqueを
経営されている覚張佳子さんを迎えて、
三番町ヒロ6月サロンを開催しました。

Kakuhari1
フラワー・マスター覚張佳子さん

今回のお話は

ほかでは聞けない、お花の話

お花を生ける…
私たちの日々の生活にとって、何気ないことですが
すでに古代エジプト時代から人々の生活に
欠かせないものになっていたそうです。

Kakuhari2


写真左のスタイルは
エジプシャンスタイル。
王の権威、魂の不滅、子孫繁栄を現した
おめでたいスタイルだそうです。

こんなモダンなアレンジメントが
古代エジプトのスタイルだなんて
信じられないですね。

Kakuhai3

このボール型は
ビダマイヤといいます。
大英帝国ビクトリア時代に流行ったスタイルで
それまでお花を楽しむことは
一部の上流階級のみでしかなかったものが
庶民も楽しめるようになったそうです。
当時、こういった丸いものが
流行っていたそうです。


その他、水揚げのコツや
長持ちさせるコツなど
専門家のマル秘テクニックを
教えていただきました。

参加したみなさん、目からウロコ。
えー、そんなことをするんですか?!

と、驚きをかくせませんでした。
特別な薬品や道具を使うわけではなく
ちょっとした「ひと手間」で
お花の生命は、長持ちするのだそうです。

覚張さんのお店
Flower Shop & Studio Dominique(ドミニク)

〒153-0061
東京都目黒区中目黒1-1-17
電話/FAX 03-3711-0550



|

« 7月14日サロン案内【都一中さん】 | トップページ | 三番町ヒロ メンバーズ・サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月14日サロン案内【都一中さん】 | トップページ | 三番町ヒロ メンバーズ・サービス »