« 2007年7月5日 | トップページ | 2007年7月20日 »

2007年7月19日 (木)

'07 7月 都一中さんを迎えて

7月14日、一中節宗家都派家元
十二世 都一中さんを迎えて
三番町ヒロ7月サロンを開催しました。

07miyako1 今回のサロンでは
大正の文豪、芥川龍之介は
「隠れたる一中節の天才」
と、称されていた……
というお話でした。

芥川本人は一中節を学んでいなかったそうでうが、育った環境はどっぷりと一中節につかっていたようです。

母親、姉、まわりが一中節のお稽古をしていたおかげで、幼い頃から一中節のメロディが身体にしみこんでいた芥川。

そんな芥川龍之介は、一中節名曲の一つ、「吉原八景」という曲の替え歌「恋路の八景」をつくりました。

この歌を詠んだ小説家の久米正雄は、芥川のことを「隠れたる一中節の天才」と称したそうです。

07miyako2

今回のサロンでは、まずオリジナル「恋路の八景」について、わかりやいレクチャーを。

その意をくんだうえで、「吉原八景」そして芥川版「恋路の八景」を聞かせていただきました。

07miyako3_2
「吉原八景」

浄瑠璃 都了中さん
三味線 都一中さん




07miyako4

「恋路の八景」

浄瑠璃 都一すみさん
三味線 都一中さん


07miyako5


今回も、一中節のすばらしさに酔いしれる、心地よい時間を過ごすことができました。

都一中さん、有り難うございました。


※都一中さん公式サイトはコチラ



 











| | コメント (0)

« 2007年7月5日 | トップページ | 2007年7月20日 »